スピリチュアルライフ

愛するから愛される!

愛するとは、人(相手)をひたすら愛する・・
これも確かに、愛することのひとつ!
もうひとつ! 大事な愛するとゆうことがあります!

それは・・
自分を愛する』とゆうこと!
自分を愛し赦し、同じように人を愛し許す!

わたし、、今まで生きてきて、
自分がどう在りたいのか、どんな人になりたいのか、
あまり深く考えていませんでした。

スピリチュアルに出会って、変わりました!

自分を大切にしたい!
自分は何者なのか知りたい!
もっと自分を好きになりたい!
そんな風に感じるようになったのです・・

生きていると、人生のあらゆる局面で、
私たちは選択を迫られる場面がたくさんありますよね。
進学するのか、就職するのか、どんな人と家庭を築き、
どんなパートナーシップを持ちたいのか・・・

私は何となく就職し、子供ができて結婚し、
成り行き任せの選択をしてきました。
それが良いとか、悪いとかではなくね!

私たちは人生を振り返って、
過去を悔やむことをしますよね…      ←後悔ね!😁
でもそれって、悔やめるだけ成長した証

成長したからこそ、過去の失敗も認め、
恥ずかしさも未熟さも見極められるようになるんです!
この「成長」のほうに焦点を当て、気づいたことを
素直に喜べる自分になっていきましょう!

まずは自分のことをよく知る!
エゴも含めて、色んな時に、色々に感じている
「自分らしさ」を理解する!

自分の強さも弱さもすべて含めて、好きになる!
また、自分はどうしたいのかを観察して、
自分の扱い方を知りましょう!

自分を大切にできる人は、人のことも大事にできます!
それぞれの人の拘りにも理解が深まり、
自分と同じでなくてもそれを尊重できるのです!

自分を愛する人の周りには、多くの人が集まり、
愛される人になっていくのです!

そして、エゴとは自分の中での独りよがりで我がまま、、
大切なのは、そのエゴとの付き合い方・・
要は自分自身の状況とのバランス!

エゴは、心の内側から自然発生的に上がってくるもの・・
そのリーダーは自分
自分がしっかりしていれば、調和した表現方法を見つけ、
ありのままの心をオープンにして、
自己表現できるようになるのです!

自分をきちんと伝えられるようになると、
相手の都合への理解も深まり、
お互いが尊重しあえる関係を築くこともできるのです!

愛するから愛される!

まずは自分に取り組んでいきましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたはパートナーと❝愛❞を育てていますか❓前のページ

❝愛❞の言語次のページ

ピックアップ記事

  1. “”瞑想“” 試しにやってみるといいよ!
  2. あなたは自分を愛していますか❓

関連記事

  1. スピリチュアルライフ

    あなたは自分を愛していますか❓

    わたし、、、自分を愛することを忘れていました!(笑)子供たちや旦那…

  2. スピリチュアルライフ

    Happy Mother Earth

    どんな時代になろうとも変わらない存在“お母さん”日々奮闘するお母さんの…

  3. スピリチュアルライフ

    あなたは❝魂❞の存在を信じますか? 第三話

    なんとか、初七日まで無事に終え、、少しだけ、肩の荷がおりた感じでし…

  4. スピリチュアルライフ

    あなたは❝魂❞の存在を信じますか? 第二話

    続いての不思議な現象は・・・お通夜、葬儀の打ち合わせをしている時に…

  5. スピリチュアルライフ

    あなたは❝魂❞の存在を信じますか? 第四話

    えっ! 第四話? まだあるの~⁈はいっ! まだあるんです!(笑)…

  6. スピリチュアルライフ

    「自分を大切にする」ってどうゆうこと⁈

    それは、、、あなたの心の中にあるんです!!  えっ⁈そうなんです!…

おすすめ記事

  1. あなたは自分を愛していますか❓
  2. “”瞑想“” 試しにやってみるといいよ!
  3. スピリチュアル的にみた母の突然の他界
  4. 「自分を大切にする」ってどうゆうこと⁈
  5. 『スピリチュアル』と聞いてあなたは何を思い浮かべますか?
  6. Happy Mother Earth
  7. ブログ記事タイトル5
  8. ブログ記事タイトル2
  9. ブログ記事タイトル1
  1. メンターからの言葉

    “NO”という勇気
  2. スピリチュアルライフ

    あなたは自分を愛していますか❓
  3. スピリチュアルライフ

    あなたは❝魂❞の存在を信じますか? 第一話
  4. スピリチュアルライフ

    Happy Mother Earth
  5. その他

    息子へ
PAGE TOP